ハンドメイド販売で稼ぐ!ブログ

メッセージカードの内容-お客様満足度を上げリピート購入に繋げる

作品の発送時、同封した方が良いと言われるのが手書きのメッセージカード。

パンダ

書く気はあるんだけど、何を書いたら良いのか分からない…

ポプラ

書く内容を決めていくつかパターンを作っておくと書きやすいよ~

ということで今回は、お客様満足度を上げ、リピート購入に繋げるためのメッセージカードの内容をご紹介します!

手書きメッセージは、作品の魅力を伝える一番のツール

minneやCreemaなどのサイトを利用してハンドメイド作品を購入する場合、手仕事ならではのあたたかさ、作品にこめた物語や想いは、既製品にはない魅力です。また、既製品を企業から買うのではなく、作家と直接やり取りできる点も、ハンドメイドだからこその楽しさではないでしょうか。

手書きのメッセージは、それらの魅力を一番伝えてくれるツールです。

  • ハンドメイド作品らしいあたたかさを感じられる
  • 作品がより良く見える
  • 接客対応がより良く見える
  • 次回の購入へ繋がる可能性が上がる

ポプラ


どんな内容を書けば良いのか

毎回メッセージをいちから考えて書くのは大変なもの。私は下記の一連の流れの中に何パターンか作っておいて、作品やお客様によって組み合わせて使っています。

お客様のお名前と作家名

まずはじめに「○○ ○○様」とお客様のお名前、文末には「ブランド名 作家名(本名)」。

ご購入のお礼

この度は(ブランド名)の作品をご購入いただきまして、誠にありがとうございます。

多くの作品の中から選んでいただけて、とても嬉しく思います。

などと付け足せば丁寧。

作品について伝えたいこと

この作品はたくさんの天然石の中からクオリティの高いもののみを厳選し、ひとつひとつ丁寧に手作りしています。

今の季節にもピッタリですし、春夏の服装に合わせても素敵なアイテムだと思います。

いつものファッションに合わせるだけで華やかさをプラスしてくれるはずです。

普段使いにも、ちょっとしたお出かけにも使えるアイテムです。

ぜひたくさん使っていただければ嬉しいです。

レビュー投稿のお願い

作品を気に入っていただけたようでしたら、レビューにて作品を投稿していただければ嬉しいです。今後の制作の励みにさせていただきます。

次のご購入のお願い

機会がありましたらよろしくお願いいたします。

新作はどんどん更新していますので、またギャラリーを覗いていただければ何よりです。

作家フォローとSNSフォローのお願い

プロフィールページからフォローしていただければ、新作を更新した際に自動でお知らせが届くようになっています。よろしければぜひフォローしてください。

こちらのSNSで新作やお知らせ、制作の裏側なども発信しています。

組み合わせのサンプル文

チョイスして組み合わせると、こんな感じ。

○○ ○○様

この度はポプラ&パンダの作品をご購入いただきまして、誠にありがとうございます。
この作品はたくさんの天然石の中からクオリティの高いもののみを厳選し、ひとつひとつ丁寧に手作りしたものです。今の季節にもピッタリですし、春夏の服装に合わせても素敵なアイテムだと思いますので、たくさん使っていただければ嬉しいです。

作品を気に入っていただけたようでしたら、レビューにて感想を投稿していただければ嬉しいです。今後の制作の励みにさせていただきます。
また、minneのプロフィールページからフォローしていただければ、新作を更新した際に自動でお知らせが届くようになっています。また機会がありましたら、よろしくお願いいたします。

ポプラ&パンダ ポプ村パン子

メッセージを書く際気を付けていること

お客様名と作家名について

お客様個人のお名前を書くことで、お客様皆様に向けているのではなく、あなたに向けてのメセージであるという印象を持たせ、心理的な距離を近づける効果があります。

作家の中にはブランド名や作家名しか名乗らずやり取りに本名を使用しない人もいるようですが、私は積極的に本名を使用します。ネット販売は信用商売ですから、お客様の個人情報をいただく立場にあるのにこちらが名乗らないのは失礼にあたるからです。「私は本名を公開してしっかりやっていますよ」という信頼関係を築くためのメッセージでもあります。
「ポプ山ポプ子」という名前を「popuco popuyama」と英語にしてみたり、「ポプヤマポプコ」とカタカナにしてみたりというのも、漢字という個人情報を隠して一線を置くわけですから、お客様からしたら印象が良くないと思います。

ポプラ

リピーター様には、リピート購入に対するお礼を言う

「またのご注文、ありがとうございます。」「リピートのご注文嬉しいです。」などとお礼をし、メッセージはなるべく前回とかぶらない内容にします。

やり取りでお話しした内容をどこかに盛り込む

ご注文の際「友人の結婚式で使いたくて注文しました!」「友人へのプレゼントです」と記載してくださる方や、やり取りの中でお話ししてくださる方もいらっしゃいます。
その場合は「結婚式の華やかな服装にもピッタリだと思います」「ご友人にも気に入っていただけると良いですね」など、なるべくその方に向けたオリジナルな内容をメッセージにします。

お願いやお知らせは手書きの方が効果的

レビュー投稿、次回ご注文のお願い、SNSのお知らせなどは誰に宛ても一緒の内容になりますが、だからと言って印刷物にするより、手書きメッセージの方が読んでもらえる、または気持ちが伝わる確率が上がります
特にレビュー投稿やSNSフォローは、購入した作品が到着して満足していただいたその瞬間が一番、行動に移す確率が高いタイミングです。お知らせがダラダラ長いのはかっこ悪いので、どれかに絞って書きましょう。

どのくらいの文章量が良いのか

私は当初、ハガキサイズがいっぱいになる程度にメッセージを書いていました。
発送数が多くなった現在では追いつかなくなってきたため、小さめのメッセージカードに変更し、レビューや次回購入のお願い、SNSの情報などは、作品取り扱いの注意やメンテナンスについて記した紙に、あわせて印刷しています。

ポプラ


当初長めのメッセージにしていたのは、他の作家さんから購入した作品が届いた時、しっかりメッセージを書いてくださって嬉しかった記憶が残っているからです。その時は作品にもお手紙の丁寧さにも感動し、Instagramをフォローしただけではなく、作家さんをタグ付けして作品も紹介しました。
しっかりしたメッセージの方が気持ちは伝わりますが、もちろんその分手間は取られるため、仕事量と相談して分量を決めれば良いと思います。短めのメッセージに変更した今でも、「手書きのメッセージが嬉しかったです」とレビューに投稿してくださるお客様は結構いらっしゃいます。

メッセージカードの内容  まとめ

その1

手書きメッセージは、作品の魅力を伝える一番のツール

ハンドメイドらしいあたたかさを伝えることで、作品や接客をより良く感じさせ、お客様満足と次回の購入に繋げるきっかけにもなってくれます。


その2

内容は流れとパターンを作っておいて組み合わせる

ご注文のお礼や作品について伝えたいこと、レビュー投稿や次回購入のお願いなど決まった流れと、いくつかのパターンをあらかじめ用意しておいて、その都度組み合わせて書けば文章をいちから考える手間が省けます。


その3

お客様ひとりひとりに向かい合う気持ちで書く

お客様のお名前と自分の名前は忘れずに。リピーター様にはリピート購入のお礼を、その他やり取りの中でお話ししたことなどがあれば、メッセージになるべく盛り込んでオリジナルの内容にしましょう。


その4

文章量は手間と相談して

注文が少ない頃は少し手間がかかっても、丁寧にメッセージを書いた方が良いでしょう。注文数が増えて追いつかなくなったら、印刷のカードなども併用して、短くても手書きの丁寧なメッセージを。


パンダ

いちから書くとなると悩むけど、流れを用意してもらったらできそうだ!


ポプラ

慣れない内はテンプレートを用意して、それを見ながら書くと良いと思うよ!






あなたへのオススメ記事