ハンドメイド販売で稼ぐ!ブログ

ハンドメイド販売を[今]始めたほうが良い理由

「趣味で作っているこの作品、売れるかな?」「ハンドメイド販売で儲けている人がいるらしいけど、ホント?」「在宅でできる仕事がほしいけど、上手くいくもの?」など、販売を始めたいけど迷っている人は多いのではないでしょうか?

パンダ

やっぱり、いざ販売する!となると勇気がいるなぁ…

ポプラ

迷ってるなら、今このタイミングで思い切ってやってみた方が良いよ!

ということで、今回は何故今minneやCreemaなどインターネットでのハンドメイド販売を始めるべきなのか、その理由をまとめてみました。

元手金がほとんどかからない

minneやCreema,iichiなどのハンドメイドマーケットサイトは、登録に掛かる費用は無料です!作品を販売した際に10~20%程度の手数料が取られるだけなので、初期投資がありません。
販売のためにお金が掛かるものと言えば、このくらいでしょうか。

  • 作品の材料費
  • 発送用の梱包材

元々趣味で作品を作っていた人にとっては、作品の材料費を回収できるチャンスでしかありません。品は今から作る!という方については、どのような作品にするかによって掛かる材料費などは変わってくると思いますが、数十円数百円から用意できるものもあります
お渡しの際の梱包材についても、通常であれば数百円程度で、近くのお店でもネットでも用意できますよね。通常、数千円程度あれば必要なものを全て準備して、販売を開始できるのではないでしょうか。

パソコンやカメラは必要ないの?

パソコンやカメラを買わなきゃ!と思ったあなた、スマホがあれば十分です。今はスマホのカメラがかなりきれいに撮影できますし、ちょっと検索すればスマホできれいな作品写真を撮る方法もたくさん出てきます。minneの公式の方でも、「スマホできれいな作品を取る方法」というような講座を開いていたと思います。
もちろん作品登録もスマホで可能です。minne,Creemaどちらもスマホアプリから出店や商品管理ができますし、iichiもスマホのブラウザから可能。まずは販売を始めて、ある程度売上が出来たらそのお金でパソコンやカメラを買うのがおすすめです。

ポプラ

少しの準備で始められる

ハンドメイド作品の販売に際して、用意するものはほんの少し。

  • 作品(1点からでも)
  • 作品の写真、作品名、作品紹介文
  • ショップ名、プロフィール文
  • 送料の設定
  • 発送用の梱包材

ショップ名や作品紹介文などを、どうやって考えたら良いのか分からなくて次に進めないあなた。minneやCreemaを眺めて他の作家さんや作品を参考にしてください。
このブログでも、どのように進めたら良いのか方法をご紹介しています。

  • 作品名の付け方
  • 作品紹介文の書き方

作品名も作品紹介文はいつでも修正できますし、最悪ショップ名も後から変えることだってできます。自分の頭と手を動かすだけで始めれるのですから、ここで止まっていることが一番もったいないですよ!

ポプラ

ハンドメイド市場は今後も拡大する

何故「今」販売を始めるべきなのか、それはハンドメイド市場がものすごいスピードで拡大しているからです。

  • 2015年ハンドメイド市場規模は78億円
  • 前年比2.2倍の拡大
  • 2015年FXやITインフラ超大手GMOがハンドメイド業界に進出(minne)
  • CreemaはKDDIなどから11億円の資金調達に成功
  • iichiはアジア最大のデザイナーズマーケットPinkoiと業務提携
  • 世界最大のハンドメイドマーケットサイトEstyが日本上陸

こうして書き出してみただけでも、市場規模が加速度的に成長していることが伺えます。特に水川あさみさんのminneテレビCMがあってから、ハンドメイド作品のネット販売は一般的に広く認知され、私の周りでもminneのアプリがスマホに入っている子は多いです。雑誌やテレビ番組でもハンドメイドの特集は多く組まれています。

さらに東京ビックサイトではハンドメイド系のイベントが年に何回も開催され、伊勢丹・三越、パルコなど全国の大手百貨店でショップやイベントが用意されています。市場規模がこれほどの勢いで拡大しているということは、「売れる」ということに他なりません

ポプラ

販売者数は増え続ける一方

市場規模が増え続けているということは、販売者つまりライバルも同じく増え続けているということです。あなたが今迷っている間に、刻々と登録作家数や作品数が増え続けます。需要が共有を上回って飽和状態で売れなくなる、というようなことはないと思いますが、ライバルは少ない方が良いですよね。

それに、販売を始めてすぐに売れまくるというようなことは稀です。まず作品数点から販売を始めて、徐々に作品数を増やし徐々に売上を伸ばしていく形になるのが普通。
ちなみに、これが私の販売開始当初の売上推移

販売開始当初の売上推移

売上が上がっていくのには時間が掛かるので、早く始めた方が当然早く結果がでますよね。

ハンドメイド販売を[今]始めたほうが良い理由 まとめ

その1

元手金がほとんどかからない

minneやCreemaは登録無料!売れた場合のみ10~20%程度の手数料が掛かるだけなので、初期投資はほとんどいりません。作品の材料費と発送用の梱包材、数千円あれば始められます。


その2

少しの準備で始められる

用意するものは作品やショップの設定のみ!スマホがあれば、パソコンやカメラは必要ありません。まずは販売して売上ができたら、次の作品の材料費やパソコンカメラの購入に充てればOK。


その3

ハンドメイド市場は今後も拡大する

企業は続々とハンドメイド市場に投資し、世界進出も進んでいます。テレビCMや番組、雑誌などの影響もありハンドメイド販売は一般的に広く認知され、全国の大手百貨店やイベントで販売が行われています。市場規模の急成長は、それだけ売れているという証拠。


その4

ライバルは増え続ける一方

売れ始めるのには時間がかかるので、早く始めた方が当然早く結果が出ます。あなたが迷っている間に多くのライバルが販売を始め、作品数を増やし続けています。


パンダ

業界的にブチアゲの状態だから、今やるべきってことなんだね!


ポプラ

まさにその通り。元手も掛からない、趣味がお金になる、これで何故やらない!?



カテゴリー

タグ

あなたへのオススメ記事